50歳以上の求人を探すポイント!転職情報特集

*

50歳以上の転職に重要な流れとは

 50歳以上の人がよく行う転職活動は、焦ってしまう、無計画、無戦略など、転職のスピードを緩めてしまいものが多い。こうした活動ではなく、50歳以上の人に適した進め方を考えることで、確実に転職のスピードを上げることができるはずです。

転職活動のスピードを上げるための準備

 焦ること無く準備をし、最初に計画と戦略を練りに練っておいてください。ここに多少時間がかかったとしても、正しい準備ができていれば、活動全体のスピードは圧倒的に早くなるはず。50歳以上の人は、最初に妥協点を幾つか見出しておくことも、活動スピードを早めるポイントとなるでしょう。

【参考記事】
転職活動の前に立てておく計画の重要性とは
自己分析作業を噛み砕いてみましょう
転職が在職中か退職後かで出現する幾つかの影響
体調管理の大切さと、健康法を継続するためのコツ

求人情報集めにも求められる計画性や戦略

 焦らず計画的に、そして戦略的にというのは、求人情報集めにも共通しているポイント。じっくりと情報を集め、どういった求人に目を向けるかも前もって決めておくことが大事。事前に決めた妥協点は、ここの作業で役に立ってくれるはずです。

【参考記事】
仕事探しが失敗・遅延とならないために
求人情報媒体の優劣とおすすめの媒体
応募前に良い求人とは何かを考えてみる
転職希望者なら知っておきたい|ブラック企業の見分け方

応募書類の戦略の一例

 履歴書と職務経歴書にも、当然ながら戦略が求められます。自分の職歴が輝くのは、どういったフォーマットで作成した時なのか。志望動機と自己PRの違いを把握した上で、両者がお互いに自分の魅力を引き出し合っているかどうかなど、あらゆる角度で考えながら書き上げなければなりません。

【参考記事】
職務経歴書書き方に関連する幾つかのポイント
自己PRで示しておくべき2つのこと
職務経歴書の見られるポイントを知るために調べておきたいこと

面接でポイントとなる「落ち着き」

 面接中は、とにかく落ち着いていること。対策時点はもちろん、本番でも焦りが出てしまえば、全てが水の泡。面接でも戦略は必要ですが、それに溺れないように気をつけなければなりません。素直な自分を見せることも忘れないでおきましょう。

【参考記事】
勘違いしたくないマナーと面接後も意識しておきたいマナー
転職前と後の状況の変化で考える志望動機
表現の仕方にポイントありの長所と短所

転職活動と似ている退職活動

 退職もスピードは気にしたいものですが、しかし、ここでもやはり焦りは禁物です。焦れば焦るほど、周囲との関係がギクシャクしてしまうのが退職というもの。退職に必要な期間は十分に確保し、計画や戦略をある程度練りながら、転職の最後の大仕上げへと取りかかりましょう。

【参考記事】
円満退職への道をスムーズに進むためのポイント
入社の手続きのちょっとした疑問
途中入社にありがちな社員との関係や健康に関する注意点

公開日:
最終更新日:2015/12/14