50歳以上の求人を探すポイント!転職情報特集

*

転職希望者なら知っておきたい|ブラック企業の見分け方

   

よく目にする求人は応募しない

 転職活動中は、何度も同じ転職サイトや求人チラシに目を通したり、さまざまなサイトやチラシを見たりすることでしょう。こうした作業を繰り返していると、「前にも見たような気がする」と感じる求人や企業が幾つか出てくると思います。

 ブラック企業の見分け方その1。よく目にする求人はブラック企業である可能性が捨てきれないので、応募は慎重に行うこと。常に人材を募集している企業は、それだけ離職率が高い可能性あり。つまり労働環境が酷いものであると想像できます。

給与の詳細をオープンにしていない

 給与の詳細をオープンにしていない求人、これもよく目にする機会があるでしょう。ブラック企業の見分け方その2。給与の詳細をオープンにしていない企業は、よく確認してから応募・雇用契約を。

 詳しい給与額や給与体系などを示していないということは、それを示すと人材が集まらない可能性が高い。つまり、安い給料で働かされてしまうかもしれないので、よく確認してからでないと応募してはいけませんし、応募したとしても雇用契約を結ぶ時にはより慎重にならなければなりません。

“仕事内容の詳細は面談で”という企業

 求人のどこを見渡してみても仕事内容の詳細が書かれておらず、“詳細は面談で”などと書かれている求人もしばしば見かけますが、これもほぼアウト。ブラック企業の見分け方その3。“仕事内容の詳細は面談で”などと書かれている求人は、ほぼブラック企業であると判断して間違いありません。

 求人に仕事の内容が書けない会社ほど怪しいものはありません。それを書いてしまうと応募が極端に減ってしまうか、あるいは、法律的に問題がある業務を従業員にやらせている可能性が考えられるでしょう。

 50歳以上になると、給与が高くどこからどう見ても信頼性が高い企業へ転職することは難しくなってくる現実があります。そうなるとブラック企業の誘惑に騙されて応募し入社してしまうことがあるのですが、そうならないよう、この3つのポイントだけは押さえながら転職活動を行うように心がけてください。

【関連記事】
仕事探しが失敗・遅延とならないために
求人情報媒体の優劣とおすすめの媒体
応募前に良い求人とは何かを考えてみる

 - 求人情報の探し方

  関連記事

仕事探しが失敗・遅延とならないために

仕事探しの迷いが失敗への入り口  転職を失敗へと導いてしまうひとつの原因に、迷い …

no image
50代の強みを生かした求人情報の探し方

50代の強みを生かした求人情報の探し方  50代の就職・転職活動は年齢的な面から …

求人情報媒体の優劣とおすすめの媒体

求人情報媒体はどこもそんなに変わらない?  求人情報媒体は、どこを使ってもそこま …

no image
求人情報の探し方の秘訣とは?

求人情報の探し方は経験重視が成功の秘訣  求人情報を探す際にあなたは何を重視して …

応募前に良い求人とは何かを考えてみる

会社独自のメッセージに注目  求人情報を確認する前に、「良い求人とは?」について …

no image
こだわりを持った求人情報の探し方は失敗する?

こだわりを持った求人情報の探し方は失敗する  50歳ともなると、これまでの業務で …