50歳以上の求人を探すポイント!転職情報特集

*

求人情報の探し方の秘訣とは?

   

求人情報の探し方は経験重視が成功の秘訣

 求人情報を探す際にあなたは何を重視して情報を探していますか?多くの方は労働条件重視で求人情報を探されていると答えるでしょう。それもそのはず、50代の大半の方が家庭を持っておられますし、生活していく中で労働条件を求めることはごく自然なことです。

 特に転職に関して言えば、給与や業務において不満があるからこそ転職を検討されているわけで、何かとこだわりを持って求人情報を探すのは当然のことです。しかし現実は厳しく、条件重視するよりもこれまでの経験を重視して活動されたほうが良い結果になる場合が多いようです。では、なぜ経験重視で求人情報を探すと50代の就職・転職がうまくいくのでしょうか?主なポイントを挙げていきます。

★ココがポイント
・採用者は20代の若者以上に経験豊富な50代のキャリア・スキルに期待をもっているから。
・企業の望む即戦力の人物として採用されやすい。
・多少の不遇があったとしても優遇してもらえると採用者も期待しているため。

 基本的に、この不景気な時代に、血気盛んに好条件を望む若者よりも、スキルやキャリアを生かしながら謙虚な姿勢で多少の不遇でも妥協してくれる50代の方が、企業としても魅力に感じるはずです。本来、好条件を出してでも新規で採用したいと考えてはいますが、不景気で企業の体力が低いところは、どうしても好条件を与えることが出来ず、その胸の内を聞いてくれる人しか雇用できません。

 50代の方で経歴重視の求人情報を探されている方には、多少の無理は聞いてくれるかもしれないと期待されているでしょうし、即戦力として20代の若い連中たちをまとめながら機能してくれればこんなに嬉しいことはないと考えているのです。

 もちろん新人扱いになりますし、場合によっては20代の先輩社員たちよりも扱いが悪いということもあるかもしれませんが、しっかり経歴を生かしながら企業の業績に貢献していけば、次第と認められるようになり、将来好待遇を受けることも十分考えられます。スタートだけと割りきって経歴重視で求人を探すことが、視野を広げることにも繋がりいろんな意味で、好スタートが切れるといえるのです。

条件重視の探し方は失敗の要因

 先程もお話したように、50代の求人情報集収では条件重視の探し方をされる方が多い傾向にあります。ある意味、当然の事なのですが、あまり条件ばかり重視してしまうと、採用間違いなしというような企業の求人も見逃してしまうかもしれません。

 条件に囚われ過ぎるとどうしても視野が狭まり、就職・転職の可能性を自ら潰してしまうことにもなりかねませんので、気持ちは分かりますが、求人情報探しの段階から条件面ばかり重視させてしまうのはやめましょう。これまで培われてきたキャリア・スキル・人柄を最大限の武器として用いながら、未来ある就職・転職を勝ち取ることを願っています。

 - 求人情報の探し方

  関連記事

転職希望者なら知っておきたい|ブラック企業の見分け方

よく目にする求人は応募しない  転職活動中は、何度も同じ転職サイトや求人チラシに …

仕事探しが失敗・遅延とならないために

仕事探しの迷いが失敗への入り口  転職を失敗へと導いてしまうひとつの原因に、迷い …

求人情報媒体の優劣とおすすめの媒体

求人情報媒体はどこもそんなに変わらない?  求人情報媒体は、どこを使ってもそこま …

no image
こだわりを持った求人情報の探し方は失敗する?

こだわりを持った求人情報の探し方は失敗する  50歳ともなると、これまでの業務で …

応募前に良い求人とは何かを考えてみる

会社独自のメッセージに注目  求人情報を確認する前に、「良い求人とは?」について …

no image
50代の強みを生かした求人情報の探し方

50代の強みを生かした求人情報の探し方  50代の就職・転職活動は年齢的な面から …