50歳以上の求人を探すポイント!転職情報特集

*

こだわりを持った求人情報の探し方は失敗する?

   

こだわりを持った求人情報の探し方は失敗する

 50歳ともなると、これまでの業務でさまざまな経験を積み、転職へ強いこだわりをもっている方はたくさんいらっしゃいます。確かに、強いこだわりを持ちより良い環境に再就職・転職したいと考えるお気持ちは素晴らしいことだと思いますが、50歳ということで採用担当者としては、支払う給与もそれ相応でなければいけなくなるなどリスクも高く、あまり採用に前向きにはなれないものです。

 そのため、あまりこだわりが強すぎると、採用を受けるチャンスをことごとく逃してしまい、就職・転職活動が失敗してしまうなんてことも出てきます。特に求人情報集収においては、こだわりを持たないほうが良いです。では、具体で気にこだわりを持った求人情報集収が、なぜ50歳の就職・転職活動において失敗を招いてしまうのか主な理由を挙げていきます。

★ココがポイント
・就職先・転職先の候補が少なくなってしまい、身動きがとれなくなってしまう。
・身近にある好条件の求人情報を見過ごし、就職・転職できないことがある。
・年齢的なことも加味しより就職・転職の条件が厳しくなってしまう。

 特に50代ということを大前提に給与面などの条件をこだわってしまうと、企業としても新人と同じ扱いなのに給与だけ余分に払わなくてはならなくなり、採用を控えてしまうことも十分考えられます。また、採用の枠が少ないのにこだわりをもって視野を狭めてしまうのは、就職・転職へのリスクが大きくなり非常に危険なことです。最終的な条件のすり合わせで少しこだわりを持つことは悪いことではありませんが、求人情報を探す時点でこだわりを持つのは避けましょう。

こだわりが強い理由とは?

 50代の再就職・転職希望者の動向を見ると、条件面でのこだわりが強くなってしまう傾向があるように思います。どうしても年齢的なこともあり、20代の若者よりも若干柔軟性が乏しくなってしまうこともあるでしょうし、生活を支えなければいけないということを強く考えているために、いろんな意味でこだわりを持ってしまうようです。

 家庭の事情ということもありますし、『こだわりを捨てろ!!』と言われてもそれは難しいことなのでしょうね。どうしても50歳の就職・転職では、家族の生活やその責任が大きくのしかかってしまうため、求人情報を探す際にも、これまでの経験を重視して柔軟に活動するよりも、より良い条件を求め探してしまうのが、こだわりを捨てきれない最大の理由なのです。

 より良い条件へ再就職・転職したいというのが50代の最大の転職理由だと思いますが、なかなか条件を追求してばかりでは転職も叶いませんので、まずは経験を最大限に生かせる転職先を探してみてくださいね。

 - 求人情報の探し方

  関連記事

no image
求人情報の探し方の秘訣とは?

求人情報の探し方は経験重視が成功の秘訣  求人情報を探す際にあなたは何を重視して …

応募前に良い求人とは何かを考えてみる

会社独自のメッセージに注目  求人情報を確認する前に、「良い求人とは?」について …

仕事探しが失敗・遅延とならないために

仕事探しの迷いが失敗への入り口  転職を失敗へと導いてしまうひとつの原因に、迷い …

求人情報媒体の優劣とおすすめの媒体

求人情報媒体はどこもそんなに変わらない?  求人情報媒体は、どこを使ってもそこま …

no image
50代の強みを生かした求人情報の探し方

50代の強みを生かした求人情報の探し方  50代の就職・転職活動は年齢的な面から …

転職希望者なら知っておきたい|ブラック企業の見分け方

よく目にする求人は応募しない  転職活動中は、何度も同じ転職サイトや求人チラシに …